水漏れ放置でカビ発生!そうなる前に…

mold_grows
トイレやキッチンなど水周りのトラブルはよくあることですが、一戸建てのお家にお住まいの場合であれば水道業者に依頼をすれば、多少は修理代金が掛かりますがすぐに解決するでしょうね。ところが賃貸物件にお住まいの方の場合には、自分だけでなく他のお部屋に住んでいる方の水周りトラブルに巻き込まれるということもあるでしょうね。例えば、上の階に住んでいる方のお部屋で水回りのトラブルが発生した場合には、その下の階の方にも迷惑が掛かりますし逆にまた、自分が階下の方に迷惑を掛けるということも考えられるでしょうね。

そうした水回りのトラブルというのは、新築の賃貸物件に引越した場合すぐにトラブルが発生するということはないのかもしれませんが、中古の賃貸物件に引っ越した場合には、引っ越してまだ数日しか経っていないのに水周りトラブルが発生してしまうということはあり得ない話でもないでしょうね。とくに中古の賃貸物件の場合には、水回り関係の配管が劣化していることが想定されます。そうした場合には、配管の劣化箇所から少しでも亀裂が生じると水漏れというトラブルが発生してしまうでしょうね。しかも、壁の中に配管されていることが多いために、とことんひどい状態になってからでないと気づかないというケースが多いようなのです。例えば、水が天井からポタポタと落ちてきてからとか、あるいは天井にカビがよく生えるようになったという事態にまで発展してから気がつくということにもなってしまうでしょうね。従って、壁の中にある配管の劣化を事前に見つけて食い止めるということは難しいでしょうね。もちろん、カビについては市販のカビキラーなどで十分対策は可能ですが、水回りのトラブルが発生したら誰が修理代金を負担するのか?といった保障の問題に関しては、中古の賃貸物件を検討する段階で管理不動産と事前に話し合って納得をした上で契約を結ぶということも大切でしょうね。